アレルギーについて

  1. トップ>
  2. アレルギーについて

アレルギーについて

現在、日本の全人口の約2人に1人が何らかのアレルギーの病気を持っていて、急速にその数が増加しています。年齢別では、特に若年者に多い傾向がみられます。

厚生労働省ホームページより

アレルギーとはそもそも何か?私たちの体には、細菌やウイルス、食べ物、ダニ、花粉などが体の中に入ってくると、それを異物として認識し排除しようとする仕組みがあります。これは正常な免疫反応ですが、異物に対し過剰に反応を示し、自分の体を傷つけてしまうのがアレルギー反応です。

アレルギーの種類

アレルギーマーチとは

アレルギーの病気は乳幼児期からのアトピー性皮膚炎を始まりとし、それから食物アレルギー、気管支ぜん息、アレルギー性鼻炎(花粉症)へと進行することが多く、これをアレルギーマーチと呼んでいます。このアレルギーマーチの始まりや進行を、いかに早く止めるかがアレルギー診療においては重要であり、早期の診断・治療が必要です。

アレルギーは生活の質を著しく低下させ、日常生活においてつらい思いをされている方が多いと思います。また、遺伝的な要因も関与すると言われ、自分の子どもがアレルギーではないかと心配されている方もおられると思います。

アレルギーでお困り・お悩みの方は早めにご相談ください。アレルギーの治療には根気強さが必要であり、1人ではなかなか乗り越えられない場合があると思います。患者さんがなるべく乗り越えやすい道を一緒に考え、日常生活をより快適に過ごせるように、全力でサポートします。

アトピー性皮膚炎

かゆみのある湿疹が慢性的に良くなったり悪くなったりを繰り返す病気で、多くは乳幼児期から発症します。乳児は頭や顔、首に湿疹ができることが多く、幼児・学童になると首まわりやお尻、肘の内側や膝裏に多くみられます。

診断・検査

問診や検査結果から総合的に診断を行いますが、参考として以下の診断基準があります。

大基準(1)と3項目以上の小基準(2)を満たすものをアトピー性皮膚炎と診断する。

  • お子さんは皮膚がかゆい状態である。または、両親から子どもが皮膚を引っかいたり、こすったりしているという報告がある。
    1. お子さんはこれまでに肘の内側、膝の裏、足首の前、首のまわり(9歳以下は頬を含む)のどこかに皮膚のかゆい状態がでたことがある。
    2. お子さんは喘息や花粉症の既往がある。または、一等親以内に喘息、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患の既往がある。
    3. 過去12か月の間に全身の皮膚乾燥の既往がある。
    4. 関節の内側の湿疹(3歳以下は頬・おでこ・四肢外側を含む)が確認できる。
    5. 1歳以下で発症している(3歳以下のお子さんにはこの基準を使わない)。

(The U.K. Working Partyの診断基準)

血液検査ではTARCという項目を測定することで、現在の皮膚炎の状態をチェックできます。また、アトピーはダニやペットなどの接触により悪化することがあり、血液検査でダニやペットなどに対する特異的IgE抗体価を調べることで、自分のアトピーを悪化させる要因について把握することができます。

治療

治療は①スキンケア、②薬物療法、③悪化要因の対策、の3つからなり、どれも重要です。

  • ①スキンケアは皮膚の清潔とうるおいを保つことを目的とし、日々の入浴とその後の保湿薬塗布を欠かさず行います。
  • ②薬物療法は皮膚の炎症を抑えることを目的とし、ステロイド外用薬やタクロリムス軟膏が中心となります。また、湿疹が良くなればすぐに塗るのをやめる(リアクティブ療法)よりも、徐々に塗る頻度を減らしていく(プロアクティブ療法)の方がその後の湿疹悪化の頻度が低いと言われています。
  • ③悪化要因の対策は、血液検査などで皮膚炎を悪化させると思われる要因を極力取り除き(ダニ対策、ペットとの接触をなるべく控えるなど)、皮膚炎の悪化を防ぎます。

アトピーの治療は他のアレルギーの病気と比べても特に労力と時間を費やし、根気強さが求められます。そのため、途中で断念してしまう方もおられます。乳幼児期から早く治療を行い、皮膚をキレイに保つことで、その後のアレルギーマーチの進行を防ぐこともできます。諦めずに一緒に乗り越えていきましょう。

食物アレルギー

普段何気なく食べている食べ物ですが、食物アレルギーではその食べ物が体の中で異物として認識され、それを排除しようと過剰な免疫反応が働きます。その結果、じんましんや咳、嘔吐などの症状が起こります。場合によっては血圧の低下や意識障害(アナフィラキシーショック)を引き起こしてしまう怖い病気です。

体の中で異物として認識する働きを感作と呼び、感作によって食物アレルギーの発症へとつながります。感作の原因は色々とあり、まだ分かっていないこともありますが、乳幼児期では湿疹のある皮膚から感作されることが分かっています。家の中には食べ物のかけらがホコリに紛れて至る所に落ちており、それが湿疹のある皮膚に触れると感作が成立するという仕組みです。このことから、乳幼児期から皮膚をいつもキレイに保つことが食物アレルギーを予防する上で重要であることが分かります。

診断・検査

問診や血液検査(食物に対する特異的IgE抗体価)などから食物アレルギーを疑い、最終的な診断確定のために食物経口負荷試験(実際に食べてみて症状が出るかを確認する検査)を行います。この検査はリスクも高いため、連携している医療機関に紹介し、検査を行います。

治療

食物アレルギーと診断されれば、昔は原因食物を完全除去し年齢とともに自然に治るのを待つのが主流でしたが、現在は必要最低限の除去を基本とし、食べられる量の範囲内で定期的に食べ続けていくことが栄養面、さらには治療においても重要となっています。筋トレで例えると、最初に重さ50kgのバーベルを持ち上げられなかったとしても、週に数回ジムに通いバーベルトレーニングを続けていくうちに、50kgのバーベルを持ち上げられるようになるのとイメージは一緒です。定期的に原因食物を食べ続け、体に慣れさせていきます。しかし、自宅で原因食物を食べることはリスクが伴います。自宅で安全に食べられる量をこちらで決定し、無理のない食べ方を一緒に考えていきましょう。
原因食物を食べアナフィラキシーを起こす危険性が高い患者さんに対してはアドレナリン自己注射液(エピペン®)を処方します。処方の際に注射の打ち方を指導します。

気管支ぜん息

体の空気の通り道である気管支が慢性的に炎症を起こし、その結果、気管支が狭くなり「ゼーゼー」「ヒューヒュー」といった症状や呼吸が苦しくなる病気です。風邪などの感染症やダニ・ハウスダスト、ペット、喫煙などが悪化要因となります。ぜん息の多くは乳幼児期に発症し、学童までに治りますが、一部は成人まで持ち越します。昔と比べ、ぜん息で亡くなる方は少なくなっていますが、依然として亡くなることもある、怖い病気です。

診断・検査

問診にて、これまで「ゼーゼー」「ヒューヒュー」といった症状が繰り返し起きている場合はぜん息を疑います。しかし乳幼児ではぜん息以外でもこれらの症状が起きることもあり、診断が難しい場合があります。検査としては呼吸機能検査があり、診断およびぜん息のコントロール状態を把握する上で有用です。その他、血液検査でダニ・ハウスダスト、ペットなどに対する特異的IgE抗体価を調べることでぜん息の悪化要因を把握することができます。

治療

ぜん息の治療は①発作の時の治療、②発作を予防するための治療、の2つに分けられます。

  • ①発作の時は、気管支が狭くなっている状態のため、「ゼーゼー」「ヒューヒュー」、咳、息苦しさといった症状が出ます。このため、治療には気管支を広げる薬を使います。具体的にはメプチン®などが発作治療薬です。発作の症状がひどい場合はステロイドの内服・点滴を行い、入院が必要になることもあります。
  • ②発作のない時でも、気管支は慢性的に炎症を起こし、いわば火がくすぶっている状態となっているため、その火を常に消火し続けなければなりません。気管支の炎症を抑えることが発作の予防へとつながり、これがぜん息治療において最も重要です。気管支の炎症を抑える薬は長期管理薬と呼ばれ、パルミコート®、オルベスコ®、フルタイド®などのステロイド吸入薬が中心となります。これらの薬は毎日欠かさず行うことが重要です。

その他、ダニなどの悪化要因への対策や、適度な運動による体力作りもぜん息治療において大切です。
ぜん息の患者さんには日々の体調や発作の程度・頻度、ピークフローメーター(息を吐く力をみる簡単な道具)の数値などを日記に付けてもらい、これを元にぜん息の日々のコントロール状態をチェックします。発作の頻度が多ければ長期管理薬の見直しが必要となります。
発作がない時はどうしても治療がサボりがちになってしまうのですが、発作のない時の治療(長期管理薬)こそが重要なのです。サボりそうになった時は正直に教えてください。全力でサポートします。

アレルギー性鼻炎(花粉症)

花粉やダニ、ペットなどの原因物質が鼻の粘膜から体内に侵入し、免疫反応により鼻水・鼻づまり・くしゃみなどの症状が起こります。アレルギー性鼻炎は通年性(一年中症状が出るタイプ)と季節性(特定の季節に症状が出るタイプ)に大きく分けられ、通年性はダニやペット、季節性はスギやヒノキなどの花粉が原因となります。近年、スギ花粉飛散量の増加により、スギ花粉症の患者数は増えており、小さな子どもから大人まで発症する可能性があります。

診断・検査

問診で典型的な症状(鼻水・鼻づまり・くしゃみ)があり、症状の出やすい状況・時期などからアレルギー性鼻炎を疑い、血液検査で花粉やダニなどに対する特異的IgE抗体価が陽性であれば診断確定となります。

治療

まずは原因物質の除去を行います。具体的にはダニの対策(部屋の掃除や寝具の洗濯など)や花粉飛散時期のマスク・ゴーグルの着用などが挙げられます。

薬物療法には抗ヒスタミン薬の内服やステロイド点鼻薬などがあります。花粉症の方は花粉飛散時期の少し前から始めることをオススメします。

アレルギー性鼻炎を根本的に治す治療法として、アレルゲン免疫療法があります。原因物質を少しずつ体内に入れることで、体が慣れていき症状が出にくくなります。注射で入れる皮下免疫療法と舌の下に入れる舌下免疫療法の2種類がありますが、当院では舌下免疫療法を行っています。現在、ダニまたはスギによるアレルギー性鼻炎に対し適応があり、毎日1日1回、薬を服用します。速効性はなく3〜5年間の継続服用が必要ですが、薬物療法であまり効果のない方や薬の量を減らしたいという方にオススメです。概ね5歳以上のお子さんから行える治療法であり、学校受験を控えるお子さんにもオススメします。

その他の治療として、耳鼻科でのレーザー手術などもあります。
子どもから大人まで、鼻炎でお困りの方は多いですが、個人それぞれに合った治療法を提案いたします。

Q&A

よくお尋ねされる質問に対してお答えします。

子どもが食物アレルギーではないか心配であり、離乳食開始前に血液検査でアレルギーを調べた方が良いのか?
乳児湿疹がひどいお子さんや、ご家族の中でアレルギーを持っている方がいらっしゃれば、食物アレルギーのリスクもあるため血液検査を行っても良いと思いますが、絶対ではありません。なぜならその検査自体、たとえ陽性であってもその食べ物に対してアレルギーがあるかどうかは実際食べてみないと分からず、それだけで食物アレルギーの診断はできないからです(最終的な診断には食物経口負荷試験が必要です)。血液検査のみで不必要な食物除去が行われることは避けるべきであり、検査結果を見て本当に除去が必要かどうかは慎重に判断する必要があります。
上記以外の方に対しては基本的に血液検査は不要と思います。
アレルギーって治るの?
乳幼児期に発症した場合、年齢とともに治る可能性があります。しかし、一部は学童・大人まで持ち越す場合があり、大人になるとなかなか治りにくい傾向があります。乳幼児期での診断・治療がアレルギーマーチの進行を予防する上で重要と考えます。
アレルギーに対して、これまでは症状を抑える治療法がメインでしたが、近年は根本的にアレルギーを治すアレルゲン免疫療法という治療が進められてきています。アレルギーはまだまだ分かっていないこともあり、今後更なる研究が望まれているところです。
ステロイドの薬は副作用が心配で使いたくない。他の薬はないのか?
ステロイドはアレルギーによる炎症を抑える効果があり、アレルギーにおいては現状、必要不可欠な薬となっています。かなり効果のある薬である一方で、たしかに副作用を気にしなければならない薬でもあります。ただし、アトピーに対するステロイド外用薬やぜん息に対するステロイド吸入薬、鼻炎に対するステロイド点鼻薬では大きな副作用は少ないと言われています(ステロイド内服薬を長期に使用すると免疫抑制や骨粗しょう症などの大きな副作用が起こる可能性があります)。副作用に十分注意しながら適切な量を使用するので、ご安心ください。アトピーに対してはステロイド外用薬の他にタクロリムス軟膏という薬があり、皮膚からの吸収が良い部位(顔や陰部)にはステロイド外用薬の代わりにタクロリムス軟膏を使用することがあります。

ページの先頭に戻る